電気代が高い方必見!電気代を節約するための方法【節約】

電気量の削減により電気代の節約することに限界を感じている方、もっと効果的に電気代を節約しませんか?

節約生活を長く続けていると、電気代の節約はかなり難しい分類に入ることがわかります。

なぜなら、現代社会において、快適な生活と電気の消費量とは相関関係にあるからです。

例えば、夏場にエアコンを付けると快適なお部屋ができあがりますが、それに応じて電気代も跳ね上がります。逆に、節約に力を入れた結果、エアコンを切れば、蒸し暑い部屋ができ何もやる気が起きません。

ですので、無理なく電気代を削減するには電気量削減ではない他の方法を試しましょう。その方法とは、「電力会社を変える方法」と「契約アンペア数を下げる方法」です。

では、これら2つの電気代の削減方法について、詳しく見ていきましょう。

今の電力会社の契約内容をご存知ですか?

電気代を効果的に節約するにはどうすればいいのか。それは、電力会社との契約内容を見直すことです。

契約の見直しは、節約の観点では、電気量の削減以上に効果的です。なぜなら、電気料金における固定費である基本料金を削減することができるからです。

電気代に限らず、節約の鉄則は「固定費を削減しろ!」です。

では、固定費である電気料金の基本料金の見直し方法として、「電力会社の変更」と「契約アンペア数の変更」の2つについてご紹介します。

電力会社を変える

契約先の電力会社を変えることで、電気代を効果的に節約することができます。

一昔前までは住む地域によって契約先の電力会社は固定されていました。しかし、2016年4月の電力自由化によって消費者は電力会社を自由に選ぶことができるようになりました。

電力自由化は競争原理を生みます。電力自由化により競争原理が働いた結果、電気を安く供給してくれる電力会社が次々と誕生しています。

「生きるのに必要な電気が安いと、電気の質が落ちないか?」と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。

なぜなら、電力自由化はあくまで電力の小売りが自由化されただけだからです。契約先の電力会社を変えたとしても、電気を作る会社は変わりませんので、供給される電気の質に変化はありません。

契約先の電力会社を変えたとしても、電気を作る会社は変わりませんので、供給される電気の質に変化はありません。

例えば、コカ・コーラを買う場合、コンビニで買うのとスーパーで買うのとでは同じコカ・コーラでも販売価格は違いますよね。それと同じ理屈です。

また、電力会社の変更は、手続きも簡易になっています。各社のホームページから申し込み、その後の案内に従うだけです。肝心の変更費用もゼロ円です。

むしろ、電力自由化に参入した電力会社によっては、新規ユーザを獲得するために乗り換えを促そうと、新規契約者へのポイントバックなどのお得なキャンペーンを開催しています

キャンペーンは、いつどの会社が開催するかは決まっていません。傾向としては、7月の真夏になる前や12月の真冬に入る前に実施されているようですので、各電力会社のホームページを時々チェックしてみてください。

また、電力会社を一括で比較してくれる下記のようなサイトもありますので、乗り換えの検討時にご参考ください。複数サイトで比較すれば間違いないですね。

比較サイト① お得な電気料金プランをご案内!新電力切替の簡単お手続き!【引越し手続き.com】

比較サイト② 電気料金一括比較|電気代を賢く節約【でんきの比較インズウェブ】

契約アンペア数を落とす

電力会社を乗り換えずに、電気代を減らす方法もあります。それは、現在契約している電力会社との契約内容のうち、契約アンペア数を下げる方法です。

契約アンペア数とは、同時間で利用できる電気の最大量のことです。電力会社によっては、この契約アンペア数に応じて電気料金が算出されます。

契約アンペア数が高い程、電気代は当然高くなります。そのため、契約アンペア数を下げることで基本料金が下がり、結果として月々の電気代を減らすことができます。

例えば、一人暮らしの場合、アンペア数は20A(Aはアンペアの表記です)もあれば十分です。もし現在の契約アンペア数が30Aなのでれば、20Aに下げるよう電力会社に連絡しましょう。

ただし、契約アンペア数を下げることによるデメリットもありますので、確認しておきましょう。

契約アンペア数を落とすデメリットは、同時に利用できる家電数が限られる点です。

例えば、エアコン、電子レンジ、トースター、ドライヤーを同時に使うと相当なアンペアがいりますので、それらを同時に使いたい方は高いアンペア数で契約する必要があります。

生活に支障が出ないよう、自身の暮らしで必要なアンペア数をあらかじめ算出したうえで、契約アンペア数は変更しましょう。

必要なアンペア数のシミュレーションはこちらから可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

電気は、私たちの生活を快適にしてくれます。ですので、消費する電気量を極端に削減すると、生活水準も落としかねません。

まずは電気代の固定費となる現在の契約先である電力会社と契約内容を見直すことから始めましょう。

その後、自分の生活スタイルに合った電気量の削減にトライすることをおすすめします。

では、また!

(管理人の節約コラム)

電気の消費量を減らせば生活水準は下がりますので、電気代節約のために電気の消費量を必要以上に減らすことはおすすめしません。

ちなみに管理人は、一人暮らしの時代に節約魂が燃え、契約アンペア数を30Aから15Aに変更することで電気代を節約していました。

結果、電気代を月1000円未満にすることができました。が、流石に夏場でエアコンなし冷蔵庫なしの生活は、かなり堪えました。

それからは、電気代については、ある程度の消費は致し方ないとの結論に至っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました