Amazon Fresh(アマゾン フレッシュ)の評判は?お試しクーポンを使った後、解約した話【節約】

雨だったり、猛暑だったり、スーパーのためにわざわざ子どものお出かけ準備をするのが面倒だったりで、スーパーに行くのすら億劫になるときってありませんか?

管理人の自宅から最寄りのスーパーは、徒歩10分ぐらいのところにあります。

その10分が、その日の体調や気分によっては遠く感じて

めんどくさ・・

って思うことが多々あります。

そんな面倒くさがりな管理人が実際に試したみておすすめしたいのが、生鮮食品の宅配サービスである「Amazon Fresh(アマゾン フレッシュ)」です。

今回は、私のようにスーパーへの買い物自体を効率化したいと思う方へ、Amazon Freshを試した結果についてレポートします。

Amazon Freshの会員登録はこちらからどうぞ↓

そもそもAmazon Freshとは?

Amazon Freshとは、Amazonが提供する、生鮮食品を自宅まで届けてくれる宅配サービスです。

例えば、スーパーで売っているような肉、魚、野菜、果物等を家から出ずにゲットすることができるわけです。

なお、注文した商品は、当日または翌日に届けてくれます。

注意点としては、Amazon Freshが対象となるエリアは、まだ狭いという点です。

現時点で、東京都、神奈川県、千葉県の一部の地域が対象です。今後の拡大に期待ですね。

Amazon Freshは便利で食品の質もよい!新規ユーザ向けクーポンも!

Amazon Freshを実際使ってみて感じた、3つのメリットについてお伝えします。

自宅まで届けてくれるのはやっぱり楽

Amazon Freshの一番のメリットは、Amazonと同じく、家から出ずに注文から配達までを終えることができる点です。

家を出る準備、スーパーへの移動、鮮度の良い生鮮食品の見定め、子どもの監視、レジ待ち、袋詰め、重たい荷物を持って家まで移動、というスーパーの場合にかかる時間をAmazon Freshが不要にしてくれます。

まさに、お金で時間を買うということですね。

商品の質が良い

Amazon Freshの生鮮食品は、質が良いと思います。

スーパーで買うものよりも、より新鮮で形もよい商品が売られています。

特に野菜は質の良さが顕著です。スーパーの野菜は、ずっと商品棚に並べられていて時間と共に状態が悪くなります。

一方、Amazon Freshの場合、工場内の設備で最適な状態を保ったものが注文後に発送されます。そのため、生鮮食品が良い状態のままで自宅に届きます。

スーパーより安い商品がある

Amazon Freshはネットスーパーですが、通常のスーパーのように、特売品や一定額を割り引いている商品があります。

対象商品は様々で、お肉やドリンク系、野菜等、その時々でお得な商品が提供されています。

そのような商品は、スーパーの値段より安かったりします。

特にAmazon Freshの新規登録ユーザは、1000円オフの割引クーポン3回分が配布されています。これは大きいですね!

その割引クーポンを使えば、間違いなくスーパーより安い買い物ができます。

一方、Amazon Freshは若干高くて種類も少ない

一方で、Amazon Freshのデメリットは3つあります。

トータルの金額が高めになる

Amazon Freshには、商品の価格の他にもかかる費用があります。

Amazon Freshの費用については、2019年9月12日に大幅な改定が行われました。下記表にAmazon Freshに必要な費用をまとめます。

アマゾンプライム会員料金Amazon Fresh会員料金配送料最低注文金額
アマゾンプライム会員4,900円/年0円4,000~9,999円:390円
10,000円~:無料
4,000円
アマゾンプライム会員でない0円500円/月0円4,000円

アマゾンプライム会員の場合の配送料が痛いですね。配送料は10,000円以上で無料ですが、10,000円分の生鮮食品を買うのはハードルが高いかと。

商品の種類が少ない

Amazon Freshは、スーパーに比べ、商品の種類が少ないです。

特に野菜は選択肢が1つしかなく、例えば産地で野菜を選ぶということはできません。

なので、いつも買う商品がAmazon Freshで売っていない場合は、別の商品で代替するしかありません。

注文商品によっては翌日配達になる

Amazon Freshの場合、注文商品によっては、配達が注文日の翌日になることがあります。

例えば、注文時点で商品の在庫がなく、商品が工場に納品されてから配達される場合、配達日時が翌日しか選択できないことがあります。

これは通販上しょうがないことではありますが、注文したい商品はその日中に食べたいものだったりするので、翌日に届けられても嬉しくないこともあるわけです。

また、配達時の注意点としては、希望の日時に商品を受け取れないと注文がキャンセルされる点です。

もちろん代金は戻ってきますが、再配達はできません。指定した時間にきちんと受け取るようにしましょう。

Amazon Fresh の実績

ご参考までに、Amazon Fresh を使ってみた実績について、ご紹介します。

前述のとおり、新規ユーザ向けに3回使える1000円引きクーポンがあったので、そのクーポンを使って3回Amazon Freshを使ってみました。

  • 1回目

本来6000円かかるところが、1000円引きクーポンで5000円でした。食パンの超熟が140~160円と、そこら辺のスーパーと値段が変わらないことがわかりました。

  • 2回目

本来6000円かかるところが、1000円引きクーポンやらを使って3300円になりました。この回では、豚肉が安売りだったので買ってみました。 100gあたり105円程度なのに、お肉の質は良く満足するお味でした。

  • 3回目

3回目も送料が無料になる6000円分を購入し、1000円引きクーポンで5000円でした。6000円を超えるために、保存できる冷凍食品やコーヒー、ペットボトルを多めに買いました。重たいものを持ってきてくれるだけで相当助かりますね。

1000円クーポンと最大20%オフセール実施中!

2021年6月2日から2021年6月30日まで、Amazon Freshの登録者向けに1000円クーポンが配布されています。

また、同期間中、最大20%オフセールも実施しています。

これを機にAmazon Freshの良さを体験してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Amazon Freshはとても便利なサービスです。ですが、その分の費用も考慮に入れる必要があります。

真夏日や梅雨時等、季節に合わせて月ごとに利用することが、Amazon Freshの活用方法だと思います。

ちなみに管理人の場合、1000円引きのお試しクーポンを3回使ったあと、Amazon Freshに必要なトータルの金額がやっぱり気になり、解約しました。

逆に、お試しクーポンが使えるうちは、スーパーよりもお得にお買い物ができます。

まだAmazon Freshを試してない方は、初回登録者向けの30日の無料期間とお試しクーポンが適用されますので、1度トライしてみてはいかがでしょうか。

Amazon Freshの会員登録はこちらからどうぞ↓

今回の節約方法がみなさんの家計の助けになれば嬉しいです!

ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました