looopでんき(ループでんき)の口コミ・評判は?メールアドレス流出を受け解約した話【節約】

今年も暑い夏がやってきました。暑いと同時に気になるのは、電気代ですよね。

特にエアコンを付けると、電気代は急上昇します。エアコンを付けるときは、サーキュレーターを併用し冷たい空気を循環させ、お部屋を効率的に冷やしましょう。

しかし、エアコンの使い方を変えたとしても、電気代の節約には限度があります。

過去に記事にしているとおり、 電気代を節約するには、電力会社を変更することが一番効果的です。

管理人は、たくさんある電力会社の中でも電気代が特に安いとの評判のlooopでんきを利用してきました。

が、2019年6月28日にlooopでんきが起こした7,000件以上のメールアドレス流出を受け、あしたでんきという別の電力会社に乗り換えました。

顧客情報であるメールアドレスの流出は、ネットニュースですら報道されていないため、知らない人が多いのではないでしょうか。

今回は、メールアドレス流出の被害者の1人として、looopでんきによるメールアドレス流出について、記事にしておきます。

looopでんきと契約中の方は、looopでんきがメールアドレスを流出したという事実をまずはご認識ください。

そして、これからlooopでんきと契約しようとされている方は、looopでんきが起こした顧客情報の流出とその対応内容を知りlooopでんきの信用性をご判断した上で、ご契約をご検討ください。

では、詳細を見ていきましょう。

looopでんきが起こしたメールアドレス流出事故とは?

looopでんきは、利用者向けに節電の企画を行うことがあります。この夏も「真夏の節電 大作戦2019」というイベントが開催される予定でした。

しかし、 この「真夏の節電 大作戦2019」の開始をお知らせするメールで、メールアドレスの流出事故が発生してしまいました。 2019年6月28日の出来事です。

早速そのメールの内容を見てみましょう↓

ご覧のとおり、メールの宛先が丸見えで、「真夏の節電 大作戦2019」の参加者のメールアドレスがだだ漏れではないですか。

流出したメールアドレスの数は、7,263件ということが後程looopでんきから発表されました。

個人情報流出についてのlooopでんきの対応は?

メールアドレスの流出を受け、looopでんきの対応を追ってみましょう。

メールによる報告

メールアドレスが流出した6月28日の同日中に、下記のお詫びメールが届きました。

要は、「7,263件のメールアドレスが流出した」という点と「届いたメールは削除してほしい」とのことでした。

公式サイトでの報告

メールアドレスの流出は、looopでんきの公式サイトのお知らせにて広報されています。

  • 6月28日に公開された、looopでんきの公式サイトでの第一報はこちらです。
個人情報の漏洩について(お詫び)「第一報」
この度、弊社イベントに関するメール配信をさせていただきましたところ、お客様のメールアドレスが閲覧できる状態で配信してしまった事象が発生いたしました。お客様の重要な個人情報を流出してしまい、心よりお詫び申し上げます。影響範囲および原因については現在確認中でございますので、判明次第、追ってお知らせさせていただきます。
  • 同日中に、第二報が出ています。
メールアドレス情報の流出事案に関するお詫びと今後の対応について
お客様各位2019年7月19日株式会社Looop代表取締役中村創一郎2019年6月28日、弊社キャンペーン「真夏の節電大作戦2019」において、メール配信システムのトラブルが発生し、キャンペーンに参加するお客様のメールアドレスが他のお客様に見える状態でメール配信されたことが判明しました。このような事態を引き起こし、お客...
  • 7月19日に続報が出ました。流出対象者は、何かしらの形で補償されるようです。
メールアドレス情報の流出事案に関するお詫びと今後の対応について
お客様各位2019年7月19日株式会社Looop代表取締役中村創一郎2019年6月28日、弊社キャンペーン「真夏の節電大作戦2019」において、メール配信システムのトラブルが発生し、キャンペーンに参加するお客様のメールアドレスが他のお客様に見える状態でメール配信されたことが判明しました。このような事態を引き起こし、お客...

・お客様への補償について
本キャンペーン参加のすべてのお客様に対して、封書・メールにてご案内させていただきます。

あしたでんき 公式ホームページ
  • 7月31日にアマゾンギフト券1,000円分が届きました。

手紙による報告

  • 7月5日付で、looopでんきから封書が届きました。

封書には、メールや公式サイトで知らされている内容が記載された手紙が入っていただけでした。

謝罪だけならメールで十分ですし、そもそも手紙と郵送に使うお金があるなら、そのお金はユーザーに還元すべきだと思います。

  • 7月25日付で、続報の封書が届きました。

メールアドレス流出の対象者には、その補填として、1,000円分のAmazonギフト券が配布されるとのことです。

対象者は7,676人ですから、looopでんきは本案件で約760万円の損失を出すこととなりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、looopでんきによるメールアドレスの流出とその対応についてまとめてみました。

looopでんきの対応内容について納得のいく方もいらっしゃると思いますが、顧客の情報を流出したことに対する重要性をlooopでんきは理解していないと判断し、 管理人は電力会社を乗り換えることにしました。

乗り換え先のあしたでんきについては、こちらの過去記事にてご紹介しています。

では、また!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました