マイナンバーカード取得が面倒すぎてマイナポイントを諦めかけた話

さてさて、政府が多額(なんと2,458億円)の税金を使って、マイナポイント事業を行うそうです。

では、節約大好きな我々がこの税金の還元事業に乗るべきか否か、チェックしてみましょう。

マイナポイントとは

まず、マイナポイント事業の概要を抑えましょう

マイナポイント事業
「マイナポイント事業」のサイトです。本事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

なるほど、上限5,000円分のマイナポイントやらがもらえるそうです。

ではマイナポイントとは何でしょうか。

マイナポイントは、キャッシュレス決済サービスの買い物に利用できるポイントのようです。1ポイント=1円として利用できるようです。

ただそもそも内容の前に、この文章にいら立ちを覚えますね。マイナポイントの説明の一行目に付与手順を書き、最後の行に説明を書くという、なんと読みづらい文章でしょうか。

説明の文章なんだから、説明を一文目にもってこないと。誰ですかね、こんな文章にOKをだした上司は。結論ファーストでない文章は、世界的には0点です。

マイナポイントの取得方法

では、上限5,000ポイントをもらうにはどうすればいいのでしょうか。

あーもうギブです。第1ステップのマイナンバーカード取得の難易度が高すぎる。

なぜなら、マイナンバーカードを取得するには、通知カードに同封された交付申請書を市区町村の役所に提出する必要があるからです。

通知カードに同封って。。そんなもん無くなっとるわい!何年前の資料を要求してるのかと。で、交付申請書がない人は役所に出向く必要があると。

おわた。もう無理です。政府は国民のことをどれだけ暇人だと思っているのでしょうか。日夜忙しい社会人が貴重な平日の時間を使ってわざわざそのためだけに役所にいくわけがありません。

時間もさることながら、役所への往復の交通費(申請と取得の2回)で実質のポイントは減額です。申請した後も1か月以上待たされるようですし。

(追記)

なんと、申請は、役所に行かずとも、郵送でできるようです。申請書データは下記にあります。

こちらを印刷して、輸送すれば、1か月程度で届くとのこと。私も、これを使って申請してみることにします!

・申請方法

記入済みの①申請書を②の封筒に入れて、ポストに投函してください。

①申請書

https://www.kojinbango-card.go.jp/hpsv/wpmng/documents/tegaki-kofu-shinseisho.pdf

②申請書送付用封筒

https://www.kojinbango-card.go.jp/hpsv/wpmng/documents/%E7%94%B3%E8%AB%8B%E6%9B%B8%E9%80%81%E4%BB%98%E7%94%A8%E5%AE%9B%E5%90%8D%E5%8F%B0%E7%B4%99%E5%B0%81%E7%AD%92.pdf

(追記)

郵送で申請してから約2か月が経ちました。

なーーんの進展もありませーーーーん。これだから役所はクソだと言われるのです。元役所の人間ですが、国が絡む事業はほんとスピードが遅いんです。最終決裁者までの承認ルートが長いですからね。

ただ一国民としては、承認ルートが長かろうが関係ありません。国民目線をもって早く処理してほしいもんです。

(追記)

申請から3か月、ようやく役所からお知らせが届きました!

「個人番号カード交付のお知らせ」という封書には、役所まで個人番号カードを取りに来いと書いてありました。

そして受取りの期限は、12月です。なんと2か月後です!申請してから3か月たってようやくお知らせが来て、その受取りが2か月です!

これは明らかに住民を馬鹿にしてますね。民間でそんな上から目線のサービスをやってたら、生きていけませんよ。

しょうがない、じゃあ日曜日に取りに行こうと思ったら、日曜に限り事前の予約が必要だそうです。しかも、電話限定。。はあ。。溜息しか出ませんね。

マイナンバーカード取得まで、もうしばらくかかりそうです。。

(追記)

よーやくゲットできました!年末に使った貴重な有給の日に、役所にいってまいりました。

役所には受付ロビーのような場所が用意されていて、密を避けるために椅子が間隔をあけておかれていましたが、人は結構いて空間的には密が出来上がっていました。

役所の人(職員ではなく、おそらく派遣の人)が受付番号を大声で読んでいたので、数名は感染したのではないかと思いますが。。

受付から受け取るまで、だいたい45分かかりましたかね。いやー長い道のりでした。

はれてようやくマイナポイントの申請ができます!

ちなみに、マイナポイントのPCからの予約はIE11限定です

仮に、マイナンバーカードを取得できたとしましょう。

次のステップはマイナポイントの予約です。

ここにも落とし穴が。。パソコンから予約する場合、なんと、Windows とIE11にしか対応していません!

そう、これぞIT後進国日本。なぜこの仕様にしたのか、まったく意味が分かりません。

ブラウザの断トツトップのChomeを差し置いて、しかもEdgeすらも差し置いてのIE11です。

化石のようなブラウザを対象にして、いつの時代のシステムを作っているのか。。これが日本の技術力です呆

まとめ

というわけで、マイナポイント事業は、既にマイナンバーカードを持っている人向けの事業ということがわかりました。

マイナンバーカードをお持ちの方はトライしてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました