【電気】あしたでんきからシン・エナジーへ乗り換えた3つの理由

節約人として、電気代は安く維持したいものです。

電気代を安く維持するには、何をすればよいでしょうか。

使用する電気量を減らすことが電気代を安くする方法の一つです。

当然、電気量を減らせば電気代は安くなります。しかし、既にお気づきの方は多くいらっしゃると思いますが、電気代を効果的に安くする一番の方法は、電気の購入先を変更することです。

電気の購入先を変更することで、電気量に対する電気料金の単価を下げることができるからです。

電気料金の単価を減らすために、電気の購入先をあしたでんきからシン・エナジーへ乗り換えることとしました。

今回は、 電気の購入先を選ぶときのポイントと、シン・エナジーへ乗り換えることにした3つの理由を説明します。

過去の関連記事はこちらです。

あしたでんき?シン・エナジー?電気の購入先を選ぶときのポイント

電気の購入先を選定するときのポイントは何でしょうか。

もちろん人によりますが、私の場合、料金、管理メニュー、キャンペーンで電気の購入先を決定します。

料金

電気の購入先を変更することのひとつの目の理由は、料金です。

これは当然ですね。電気料金が気にならない人は、わざわざ電気の購入先を変更する必要はありません。

電気料金は、同じインフラであるガスの料金に比べて高額です。私の場合、月の請求額は電気料金がガス料金より2倍以上することもよくあります。

電気料金は、基本料金と従量課金に分けて考えられます。

各社の電気料金を見ると、基本料金があるものの従量課金代は安く設定している会社、または、基本料金は0にしその分従量課金代を高めに設定する会社の2つに分けられます。

どちらの場合の料金が安くなるかは、消費する月々の電気量によって変わりますね。

管理メニュー

続いて、 電気の購入先を変更することのふたつの目の理由は、管理メニューです。

ここでいう管理メニューとは、消費した電気量、電気料金は、オンラインで確認する用のメニューを指します。

管理メニューは、各社によって特徴があり、様々です。

管理メニューの見た目はもちろん、ユーザが管理メニューで確認できる情報は各社によって異なります。

例えば、電気量を月単位、日単位で確認できる管理メニューが多いですが、時間単位で確認できる管理メニューがあるかどうかは会社によって違います。

私は、電気量は時間単位で確認したいので、時間単位で電気量を確認できる管理メニューがあるところを選ぶようにしています。

キャンペーン

乗り換えキャンペーンは、とても重要です。なぜなら、 キャンペーンを活用することで、乗り換えこと自体にメリットが生じるからです。

各社は、お客を呼ぶために、電気の購入先を変更するためにキャッシュバック等のキャンペーンを行っています。

これは、携帯電話会社が行る乗り換え(MNP)キャンペーンと同じですね。

乗り換えてくれたお礼に現金相当のポイントを配るところが多いです。

そのようなキャンペーンに乗ることでよりお得に乗り換えることができます。

あしたでんきとシン・エナジーの料金等の比較

前述した電気の購入先を決定するための3つの理由から、あしたでんきとシン・エナジーを比較します。

料金の比較

料金をあしたでんきとシン・エナジーで比較します。

比較の条件は、東京電力エリア、個人利用、30Aです。

プラン基本料金120kWhまで120超過~300kWh300kWh超過平日9~18時 平日8~9時/18~22時
休日8~22時
22~翌8時
あしたでんき標準0円26.00円 26.00円 26.00円 26.00円 26.00円 26.00円
シン・エナジー基本768.34円19.67円24.78円27.71円
471.90円21.05円26.09円20.98円
基本料金から右は従量課金分で、1kWh当たりの料金です。

料金は、あしたでんきとシン・エナジーで差があります。

あしたでんきはシンプルな料金体制ですね。基本料金がなく、使った分だけが請求されます。

一方、シン・エナジーは基本料金があります。そして、従量課金分がプランによって変わります。

基本プランだと120kWhと300kWhで1kWh当たりの料金が変わります。

昼プランだと、料金は電気を使った時間によって変わります。

上記比較を踏まえ、私のおすすめはシン・エナジーの昼プランですね。

あしたでんきに比較して基本料金はあるものの471.90円と安く、かつ、1kWhの最安値が20.98円、最高値が26.09円であしたでんきによりもお得だからです。

特に平日昼間 21.05円は魅力的です。

消費する電気量のほとんどはエアコンだと思います。そのエアコンが必要な平日昼間の費用が安くなるのはとても助かりますね。

管理メニューの比較

次に、管理メニューをあしたでんきとシン・エナジーで比較します。

あしたでんきの管理メニューはこのような画面です。消費した電気量を時間単位で見ることができます。

あしたでんきの管理メニューで電気利用量をグラフ化した画面

シン・エナジーの管理メニューはこんな画面です。

あしたでんきと同様、シン・エナジーでも時間単位で電気量を確認することができます。

シン・エナジーの管理メニューの画面では、デイタイム、ナイトタイム、ライフタイムのそれぞれを表示してくれます。

シン・エナジーの管理メニューで電気利用量をグラフ化した画面

キャンペーンの比較

最後に、乗り換えキャンペーンを比較しましょう(2021年10月現在)。

あしたでんきは、現在キャンペーンを実施していないようです。

しかし、節約人たるやここで諦めてはいけません。

なぜならポイントサイトを経由して申し込むことで、ポイントサイトからポイントをもらうことができるからです。

数あるポイントサイトで私がおすすめなのはモッピーです。

モッピー経由であしたでんきへ申し込むと1,600ポイント(=1,600円相当)がもらえます 。

一方、シン・エナジーのキャンペーンはどうでしょうか。

あいにくシン・エナジーも、現在キャンペーンを実施していないようです。

モッピーはどうかいうと、今ならモッピーからシン・エナジーを申し込むだけでなんと7,000ポイント(=7,000円相当)がもらえます。

通常は2,000ポイントのところ、期間限定で5,000ポイントが上乗せされています。

これは即行動案件でしょう。この手のキャンペーンは迷っているうちに終わってしまうことが良くありますからね。

『お得なのはわかったけど、モッピーってどうやって使うの?』というて方は、まずはこちらからモッピーのアカウントを作成してください

モッピーのアカウントが作成できたら、モッピーサイト内の広告を検索するボックスに”シン・エナジー”と検索して、「Point Get!」ボタンから申し込めばOKです。

私のモッピーの画面を確認すると、現在シン・エナジーのポイントが判定中となっていて、いずれ承認される予定です。

モッピーの画面でシン・エナジーのポイントが判定中となっています

まとめ

今回は、電気代を安く維持する手段として、電気の購入先を変更する方法をご紹介しました。

電気の購入先を変更することで、電気代を安くすることができます。

さらには、節約人である私があしたでんきからシン・エナジーへ乗り換えた理由を述べました。

節約人の皆さんも是非電気の購入先を変更について、ご検討してみてください。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました